川崎の主 - デリヘル・風俗の紹介

川崎人妻城

川崎のデリヘルをこよなく愛する私は、普段から川崎のデリヘルをチェックし、そして積極的に利用しています。
そんなライフスタイルの中で、どうしても皆さんにお伝えしたいと思うほど素晴らしいデリヘルに出会うことがあります。
今回は、川崎人妻城を紹介したいと思います。
有名な大手グループのモアグループの人妻店です。
流石は大手グループといった感じで、電話対応や遊び方なんかもしっかりしています。
その日に指名したのは、清楚な雰囲気の人妻さんのSさんです。
待ち合わせ場所の川崎駅でドキドキしながら待っています。
巨大都市川崎市の玄関口ですから、考えられないほどの美人さんが行き交っています。
「あの人かな…」なんてことを考えながら、待っていると…
群衆の中に一際輝く天使の様な女性がいます。
まるでスーパーモデルかアイドルの様な存在感があり、周囲の人たちがチラチラと彼女のことを見ています。
その女性が、何故かこちらに近づいてきます。
そして、照れながらに私に話かけてきます。
「○○さん…ですか…?」
「はい…」
なんと目の前にいる天使の様な女性は、指名したSさんです。
不釣り合いなカップルに見えるのか、その女性があまりにも美しいからなのか、周りの人たちが私たちをチラチラ見てきます。
これからこのひとの乳首やアソコが見れる、そして触ったり舐めたりできると思うと失神しそうになります。
どうにか平静を装って、ホテルへ足を向けます。
しばらくすると右手に温もりを感じます。
Sさんが私の手を握ってきたのです。
その瞬間、私のペニスの先からなんらかの汁が出てしまいました。
パンツの中の湿度が一気に上がりました。
ホテルに入ると思わずSさんを抱擁してしまいました。
Sさんは恥ずかしそうにしながらも、抱き返してくれました。
シャワータイムでは、彼女の美しい体が露わになります。
Sさんの旦那さんは、本当に幸せものだなと思いました。
シャワータイムではさらに親睦が深まり、Sさんも少しずつ心を許してきます。
ベッドに移り、優しく彼女の体を愛でていきます。
おどろくほどに敏感な彼女は、乳首をツンっとしただけでもビクンっとなります。
少しギアをあげて攻めていくと、おしとやかなSさんからは想像もできないほどに乱れていきます。
ベッドではSさんはとても解放的になっています。
濃厚という言葉では足りないほど、濃いプレイが続いて行きます。
一連のプレイの後で、素股でフィニッシュです。
それから彼女をやさしく抱きしめ「ありがとう」と言いました。
それは、心からの言葉でした。
その時間、私は心から「生まれてきて良かった」と思いました。
生んでくれた両親はもちろん、今の私の形成に関わってくれた全ての人、いや、この世の全てとの繋がりを感じ、全てに感謝しました。
そして自分の命そのものにも。
川崎人妻城さん、そしてSさん、本当にありがとうございました。
これからも、この命を全うする為に、精一杯生きてまいります。

↑ PAGE TOP